家で子どもと遊びながら学べる、今から始めたい学習を紹介するサイト

お母さんとお家遊びをしながらできる簡単学習

>

お家遊びのデメリット!知っておくべきこと

保護者の負担

お家学習のデメリットとして挙げられるのは、保護者の負担が増えるということでしょう。
働いている皆様はもちろん、専業主婦の皆様にも負担がかかることになります。
遊びながら学ぶと言っても、子どもにつきっきりでいるわけにもいかないこともありますし、仕事で疲れて帰ってきてから付き合うのにも無理があることもあります。
しかし、お子さんと自宅で遊びながら学ぶということは、お子さんの成長に大きく影響します。
旦那様と協力して、交互に担当して遊んであげると、あなた以外の知識を持った人と触れ合うことができ、お子さんの世界を広げることにもなりますので、旦那様、あなたのご両親など、さまざまな人に協力を求めてお家学習をしてみるのがおススメです。

把握しにくい

お家学習の難しさとして、お子さんと遊びながら学んできたつもりだが、どこまで子どもが理解しているか把握しきれないということが挙げられます。
お子さんの成長や学びが目に見える結果となれば一番わかりやすいのですが、そう簡単に行きません。
「色々やってみたけれど、本当にためになっているのかな?」と疑問に思ってしまうこともあるでしょう。
そんなときは、「前にもこのお話したよね?」など、お子さん自身の言葉で以前の学習について説明してもらうように促すことが大切です。
インプットだけでは学習にはなりません。
アウトプットの練習も兼ねて、聞き返してみるのはいかがでしょうか。
きちんとお子さんが学習を覚えていたら、めいっぱい褒めてあげてくださいね。